クラウドの移行およびスケーリング

クラウドでアプリケーションを最適化

アプリケーションのレイテンシーに基づいて、弾性的なアプリケーションのスケールを増減します。決して、サーバーを再度購入したり、ハードウェアの保守が必要になることはありません。必要な時は、確実に追加のキャパシティを利用できます。それがとてもシンプルでありさえすれば。クラウド・コンピューティングの約束は非常に魅力的ですが、それほど簡単には理解されていません。アプリケーションが人里離れたデータ・センターの得体の知れないマシンで作動している場合、どのようにしてパフォーマンスのコントロールを維持しますか?サーバーが増減された時、アプリケーションが調整されていることをどうやって確認しますか?そのような複雑な環境で、どうすればビジネストランザクションを確認して、最適化することができるでしょうか?

円滑な移行を準備

現在のアプリケーションリソース要件に基づいて、クラウドサーバー要件を計算。移行前のパフォーマンスをベースラインとして、移行後のパフォーマンスを検証し、あらゆるパフォーマンスの問題を迅速に特定、解決できます。環境全体およびその依存関係を理解することで、クラウドへの円滑な移行を可能にします。

ビジネストランザクションをリアルタイムで確認

クラウドの弾性的なインフラでは、従来のサーバーモニタリングツールはあまり重要ではありません。インフラの指標を知るのに十分ではありません。AppDynamics プラットフォームは、ビジネストランザクションおよび、すべての関連するダウンストリームの活動に関する可視性を与えてくれます。そして、最も関連性がある、クラウド環境のビジネスパフォーマンスの観点からのビューを与えてくれます。

スケールアップ、スケールダウン

クラウドを選ぶ最初の理由は、拡張性と順応性ではないでしょうか?AppDynamics プラットフォームなら、 パフォーマンスのベースラインからアプリケーションのフローマッピングまで、クラウドを自動スケーリングし、runbook を自動化する、確信をもって拡張できるツールが得られます。利用しているサービスが Amazon Web Services、Windows Azure、Pivotal CloudFoundry、OpenStack のいずれであっても、 クラウドで成功を収められる可視性が得られます。

AppDynamics が導入されて、さまざまな Java マシンにエージェントを配置し、リクエストの出所や向かう先に関するフローマッピングも非常にシームレスになりました。

— Roy Early 氏、生産サポートマネージャ、Allconnect 社

ケーススタディを読む