Restify Performance Monitoring

Node.js

Restify は、Express.js や Hapi などの Node.js フレームワークで REST Web サービスを構築するために特別に構築されたフレームワークです。Restify はバージョン管理、エラー処理、コンテントネゴシエーションなどの困難なタスクを管理します。その特徴として、アプリケーションのアーキテクチャのマッピング、エンドユーザーエクスペリエンスの監視、組み込みの DTrace プローブを介したアプリケーションの異常やパフォーマンスの問題の取得などの機能があります。また Restify は、MySQL や NoSQL のデータストアのサポート、ハンドラへのルートをマップするルータのイントロスペクション、および再試行が失敗した接続を支援する堅牢なクライアントサイドの API などを備えています。

AppDynamics のプラットフォームを利用することで、Restify フレームワークで構築された Node.js アプリケーションのパフォーマンスの問題を、リアルタイムに実運用環境で、監視、トラブルシューティング、診断することができます。
処理にわたるスナップショット Node.js処理内で実行されているすべての機能のコールグラフにより、どのファンクションがイベントループをブロックし、CPU利用を最大化しているのかを把握できます。
一致/除外のカスタムルール 貴社にとって監視を行う重要性が最も高いビジネストランザクションを選び、それをリアルタイムでの表示に含める、あるいは除外することができます。
データベース/NoSQL可視性 データベースのパフォーマンスを、元のビジネストランザクションのパフォーマンス指標に関連付けて、データベースパフォーマンスへの影響を理解します。
ビジネストランザクションのコールグラフ 独自のビジネストランザクション毎の完全なコールグラフビューで、個々のビジネストランザクションへの深い洞察が得られます。(近日公開予定)
ウェブおよびモバイルでのユーザーエクスペリエンスの関係付け ブラウザやデバイスのパフォーマンスを、元のビジネストランザクションのパフォーマンス指標に関係付けて、サーバートランザクションのクライアント側におけるパフォーマンスの影響を理解します。(近日公開予定)
オンプレミスの展開 Node.jsエージェントがオンプレミスのコントローラへレポートできる機能により、SaaSまたはオンプレミスのプラットフォームへの展開を選べます。(近日公開予定)

Free Monitoring