Hapi Application Monitoring

Node.js

Hapiは、リッチなウェブアプリケーションやRESTful APIサービスのために設計されたフレームワークです。構成中心のフレームワークであるHapiを使用する開発者は、インフラの構築にかかる時間を最小化しながら、再使用可能なアプリケーションロジックを作成することができます。サーバーのグループを速やかに単一のロジカルユニット(「パック」と呼ばれる)に結合し、統一されたプラグインインタ―フェースを提供する機能など、豊富な構成オプションが含まれています。さらに、Hapiには、認証やキャッシュのベークドインサポート、入力検証などの機能もあります。Beats Music、Condé Nast、Mozilla、Walmartなどが、Hapiを使って、アプリケーションやウェブサービスを構築している顧客の一部です。
AppDynamicsのプラットフォームを利用することで、Hapiフレームワークで構築されたNode.jsアプリケーションのパフォーマンスの問題を、リアルタイムに実運用環境で、監視、トラブルシュート、診断することができます。
処理にわたるスナップショット Node.js処理内で実行されているすべての機能のコールグラフにより、どのファンクションがイベントループをブロックし、CPU利用を最大化しているのかを把握できます。
一致/除外のカスタムルール 貴社にとって監視を行う重要性が最も高いビジネストランザクションを選び、それをリアルタイムでの表示に含める、あるいは除外することができます。
データベース/NoSQL可視性 データベースのパフォーマンスを、元のビジネストランザクションのパフォーマンス指標に関連付けて、データベースパフォーマンスへの影響を理解します。
ビジネストランザクションのコールグラフ 独自のビジネストランザクション毎の完全なコールグラフビューで、個々のビジネストランザクションへの深い洞察が得られます。(近日公開予定)
ウェブおよびモバイルでのユーザーエクスペリエンスの関係付け ブラウザやデバイスのパフォーマンスを、元のビジネストランザクションのパフォーマンス指標に関係付けて、サーバートランザクションのクライアント側におけるパフォーマンスの影響を理解します。(近日公開予定)
オンプレミスの展開 Node.jsエージェントがオンプレミスのコントローラへレポートできる機能により、SaaSまたはオンプレミスのプラットフォームへの展開を選べます。(近日公開予定)

Free Monitoring