Derby Application Monitoring

Node.js

Derbyは、リアルタイムで、協調的なアプリケーションを作成するために使用されるフルスタックのフレームワークです。Express.jsで構築されるDerbyは、Racerと共に付属する強力なデータ同期化エンジンで、サーバー、データベース、ブラウザ間で自動的にデータを同期でき、またネイティブでの競合回避をサポートするMVC (Model-View-Controller) アーキテクチャを使用しています。Racerに加えて、Derbyは、データのバインディング、ルーティング、テンプレートのレンダリングなど多数のタスクを処理するための豊富なツールを提供します。こうした機能は、たとえばサーバーあるいはブラウザのいずれで実行される場合でもすべて同じコードで実行されるため、コードを重複させる必要はありません。DerbyはNode.js規則に準じており、MongoDB、GoogleのBrowserChannel、Stylus、LESS、UglifyJS、Express.jsなどを含む、定評あるソケットライブラリやデータベースを利用できます。

AppDynamicsのプラットフォームを利用することで、Derbyフレームワークで構築されたNode.jsアプリケーションのパフォーマンス問題を、リアルタイムに実運用環境で、監視、トラブルシュート、診断することができます。
処理にわたるスナップショット Node.js処理内で実行されているすべての機能のコールグラフにより、どのファンクションがイベントループをブロックし、CPU利用を最大化しているのかを把握できます。
一致/除外のカスタムルール 貴社にとって監視を行う重要性が最も高いビジネストランザクションを選び、それをリアルタイムでの表示に含める、あるいは除外することができます。
データベース/NoSQLへの可視性 データベースのパフォーマンスを、元のビジネストランザクションのパフォーマンス指標に関連付けて、データベースパフォーマンスへの影響を理解します。
ビジネストランザクションのコールグラフ 独自のビジネストランザクション毎の完全なコールグラフビューで、個々のビジネストランザクションへの深い洞察が得られます。(近日公開予定)
ウェブおよびモバイルでのユーザーエクスペリエンスの関係付け ブラウザやデバイスのパフォーマンスを、元のビジネストランザクションのパフォーマンス指標に関係付けて、サーバートランザクションのクライアント側におけるパフォーマンスの影響を理解します。(近日公開予定)
オンプレミスの展開 Node.jsエージェントがオンプレミスのコントローラへレポートできる機能により、SaaSまたはオンプレミスのプラットフォームへの展開を選べます。(近日公開予定)

Free Monitoring