IISパフォーマンスモニタリング

.NET

Microsoft Internet Information Services (IIS) バージョン6.0、7.0、7.5、8.0でアプリケーションの構築や管理を行っている開発者や運用チームにとって、AppDynamicsプラットフォームは、.NETアプリケーションのパフォーマンスを監視、管理するための総合的なソリューションとなっています。 迅速なインストールが可能で、業界でも最も拡張性が高いAppDynamicsソリューションは、より速く、より信頼性の高いアプリケーション開発を実現します。

IIS (Internet Information Services) サーバー

MicrosoftのIIS (Internet Information Services) は、Windows Server用に設計されたセキュアで、非常に拡張性が高いウェブサーバー フレームワークです。IISは、シンプルなHTMLウェブページからCPU集約型のメディアストリーミングまで、すべてをホストできるパワーと柔軟性を提供します。その強力な機能セットには、集中化されたウェブファーム管理があり、管理者は、巨大なサーバーファームでウェブサイトやアプリケーションを集中的に展開、管理することができます。コマンドライン、UI、APIベースの管理ツールにより、設定や管理を行います。また、HTTPベースの負荷分散を備えたウェブインターフェース、インテリジェントなリクエストのルーティング、高速のキャッシュや圧縮、そして、ASP.NETおよびPHPアプリケーションの同じサーバーへの展開もサポートされています。さらにIISは、ユーザーが標準ベースのプロトコルによって確実にウェブコンテンツを発行できる企業レベルのセキュリティコンポーネントとともに提供され、無許可アクセスからの保護を提供します。

IISアプリケーションのフローマップ

.NET用のアプリエージェントは、コントローラに表示されるようにIISアプリケーションを自動的に検索します。このフローマップは、SunriseSoftech-Home IIS applicationが5件のバックエンドコールをかける様子を示しています。

IISパフォーマンスモニタリング

CLR環境に関する可視性

AppDynamicsは、IISアプリケーションのCLR環境情報を検出、表示します。ノードのダッシュボードのCLRタブには、すべてのプロパティ、CLR起動オプション、CLRメタデータや環境変数が表示されます。
 

メモリの可視性

AppDynamicsはIIS情報にアクセスするだけでなく、IIS内部でのメモリ使用状況に関する詳細も提供します。IISアプリケーションサーバーを実行しているノードへ移動して、メモリのタブを選択するだけで、ヒープやガーベッジコレクションの情報、リアルタイムのメモリ使用率を確認することができます。この例では、現在の使用量およびコミット済みの使用量が、12:26amに0になっています。

CLRパフォーマンス

AppDynamicsは、アプリケーションインフラストラクチャのパフォーマンスに表示されるCLRパフォーマンスの指標を収集します。指標ブラウザを使用して、重要な統計のグラフを作成します。下のグラフは、プロセスのCPU burnt(%)(青色)を示していますが、12:32am – 12:36amに最低となり、ガーベッジコレクションの時間spent(%)(緑色)は12:35am – 12:36amで最高になっています。

IISアプリツール

このセクションでは、IISアプリプールで動作するアプリケーションの情報を示します。この例で、SunriseSoftechAppはIISのアプリプールのBTAppにあり、ノードは1つです。また、アプリのためにIISサーバーで動作しているノードの情報も、たとえば、IISサイト名は「SunrisesofetchApp」、ノードの正常性は緑色、アプリケーションエージェントのステータスは100%、CLRの最終起動時刻や層名、といったように表示しています。