Async Performance Monitoring

.NET

非同期トランザクション(HTTP、WCF、MSMQ、MVC 4、MVC 5を含む)でアプリケーションの構築や管理を行っている開発者や運用チームにとって、 AppDynamicsプラットフォームは、.NETアプリケーションのパフォーマンスを監視、管理するための総合的なソリューションとなっています。 迅速なインストールが可能で、業界でも最も拡張性が高いAppDynamicsソリューションは、より速く、より信頼性の高いアプリケーション開発を可能にします。

非同期モニタリングモデル

非同期モニタリングモデルは、.NET Framework 4.5で新たに導入されたパターンで、これによって開発者は非同期操作を簡単に実行できます。「async(非同期)」と「await(待機)」という2つのキーワードを使うと、開発者は、特定のプロセスを非同期で実行して、長いプロセスや複雑なプロセスが実行されている間にユーザーがアプリケーションとやり取りができるようにすることができます。また、非同期モニタリングは、ウェブアプリケーションによる、異なるユーザーからの複数のリクエストのリアルタイムな処理も可能にします。結果として、開発者は、拡張性があり、パフォーマンスに優れたアプリケーションを、手間を掛けることなく開発できます。

アプリケーションの自動発見

.NETアプリケーションの全体的なトポロジーを自動的に検出し、設定ばかりではなく新たな工夫にもチームが時間を費やせるようにします。

主要なパフォーマンス指標の表示

アプリケーションの負荷、平均、応答時間、エラー率を監視することで、.NETアプリケーションの全体的な正常性をリアルタイムで把握し、こうした値の動的なベースラインから、何が正常で、何が異常かを判断できます。

分散コールグラフ

分散アプリケーションを移動するユーザーリクエストを追跡し、エンドツーエンドでのコードの実行やレイテンシーを収集して、速やかに根本原因を特定するためのコンテキストを提供します。

リアルタイムのビジネス指標

.NETアプリケーションのパフォーマンス指標をビジネスに最も関係する指標と関係付け、パフォーマンスがベースラインから逸脱してしまった際のリアルタイムな情報を得ます。

インフラストラクチャの指標を監視

CPU使用率、RAM利用率、ヒープ中のメモリなどのパフォーマンス指標を収集、監視することで、システムのリソースに対する単一のビューが得られます。