WebSphereモニタリング

Java

WebSphere は、特にクラウドおよびモバイルベースの Java EE (Enterprise Edition) web アプリケーションを開発、ホストするために設計された IBM 独自のアプリケーションサーバーフレームワークです。WebSphere は、そのユニークな e WAS (WebSphere Application Server) Liberty プロファイル、テキストエディタに似た構文を持つ単一の XML ファイルを使用する動的なアプリケーションサーバープロファイルが付属しています。Liberty では、アプリケーションまたはアプリケーションのセットが必要とする機能のみが WAS によって実行されるように展開し、電力やメモリを節約できます。WebSphere の統合管理および管理ツールは、セキュリティの強化とアプリケーションおよびサービスに対するコントロールを開発者に提供します。さらに、WebSphere は、Web 2.0、Web mobile、Java batch、XML、サービスコンポーネントアーキテクチャー (SCA)、通信対応アプリケーション (CEA)、およびセッション開始プロトコル (SIP)、動的スクリプト言語を含むオープンな標準規格をサポートしています。WebSphere アプリケーションサーバーでアプリケーションの構築や管理を行う開発者や運用チームにとって、AppDynamics プラットフォームは、Java アプリケーションのパフォーマンスを監視、管理するための総合的なソリューションとなっています。 迅速なインストールが可能で、業界でも最も拡張性が高い AppDynamics ソリューションは、より速く、より信頼性の高いアプリケーション開発を実現します。

WebSphere でビジネストランザクションを監視

AppDynamics Java エージェントを組み込んだ、IBM WebSphere サーバーで動作するアプリケーションは自動検出の対象となり、AppDynamics で表示されます。 ビジネストランザクションはすぐに使える構成となっており、自動的に検出され、アプリケーションダッシュボードで確認することができます。
WebSphereモニタリング

WebSphere 固有の JMX MBeans

AppDynamics では、Expose された Managed Bean を表示するために WebSphere アプリケーションサーバー内で簡単に JMX Server と接続することができます。AppDynamics では、単に WebSphere アプリケーションサーバーを実行しているノードを選択し、JMX タブを選んで MBean ブラウザにアクセスし、こうした WebSphere 固有の MBean を表示することができます。MBean では、個々の MBean の属性までドリルダウンすることができます。

メモリの可視性

AppDynamics は WebSphere MBean 情報にアクセスするだけでなく、JVM や Resin でのメモリ使用状況に関する詳細も提供します。WebSphere アプリケーションサーバーを実行するノードへ移動しメモリのタブを選ぶだけで、ヒープやガーベッジコレクションの情報、リアルタイムのメモリ使用率、さらにオブジェクトのインスタンス情報まで確認することができます。

JVM 環境に関する可視性

また AppDynamics は、WebSphere で動作するアプリケーションの JVM 環境に関する情報も提供します。WebSphere アプリケーションサーバーを実行しているノードへ移動し、JMX タブを選択するだけで、すべての起動オプションや環境プロパティなどを表示することができます。

Free Monitoring