Play Application Monitoring

Java

Play は、オープンソースのアプリケーションであり、Akka フレームワークをベースとする JVM ベースのランタイムフレームワークです。Web およびモバイルアプリケーション構築用に設計された Play は非同期プログラミング技法を使用して、拡張性に優れ予測可能な、最低限度のリソースで実行されるリアルタイムアプリケーションを構築できます。Play は、REST、JSON、WebSocket、Comet などのテクノロジーを活用しており、中でも、NoSQL を総合的にサポートしています。開発者は、ブラウザの更新ボタンをクリックするだけで変更をテストすることができ、アプリケーションを展開して、実行するだけでコードのコンパイルも完了します。多くの組み込みの機能に加えて、Play には、拡張性を強化する多数のプラグインや、アクティブな開発者のコミュニティがあります。
AppDynamics のプラットフォームは、業界をリードする多くの Java アプリケーションサーバー (Play フレームワークを使用するものを含む) 内部における、アプリケーションの実行状況のリアルタイムな可視性を実現します。AppDynamics のソリューションであれば、コードのボトルネックの根本原因をわずか数秒で発見し、Java 環境を最適化することができます。
アプリケーションの自動発見 Java アプリケーションの全体的なトポロジーを自動的に検出し、設定ばかりではなく新たな工夫にもチームが時間を費やせるようにします。
主要なパフォーマンス指標の表示 アプリケーションの負荷、平均、応答時間、エラー率を監視することで、Java アプリケーションの全体的な正常性をリアルタイムで把握し、こうした値の動的なベースラインから、何が正常で、何が異常かを判断できます。
分散コールグラフ 分散 Java アプリケーションを移動するユーザーリクエストを追跡し、エンドツーエンドでのコードの実行やレイテンシーデータを収集して、速やかに根本原因を特定するためのコンテキストを提供します。

Free Monitoring