Apache CXF Performance Monitoring

Java

Apache CXF は、サービスの開発や構築向けに設計されたオープンソースのサービスフレームワークです。CXF は、コアコードとは明確に分離しながら、JAX-WS や JAX-RS などのフロントエンドのプログラミング API を活用して機能します。こうしたサービスは、SOAP、XML/HTTP、RESTful HTTP、CORBA などを含むさまざまなプロトコルの組み合わせと通信を行い、HTTP、JMS、 JBI を含む多数のトランスポート層で動作します。さらに、CXF は、サービスの操作を、任意の URL/動詞の組み合わせとバインドし、WS-Addressing、WS-Policy、WS-ReliableMessaging、 WS-Security などのさまざまな web サービス仕様をサポートすることができます。また、CXF には、Jetty-、Tomcat-、Spring- ベースのコンテナや Java EE 統合へサービスを展開できる機能もあります。Apache CXF フレームワークでアプリケーションの構築や管理を行っている開発者や運用チームにとって、 AppDynamics プラットフォームは、Java アプリケーションのパフォーマンスを監視、管理するための総合的なソリューションとなっています。 迅速なインストールが可能で、業界でも最も拡張性が高い AppDynamics ソリューションは、より速く、より信頼性が高い、アプリケーション開発を可能にします。

Apache CXF でビジネストランザクションを監視

AppDynamics Java エージェントを組み込んだ CXF アプリケーションは、自動検出の対象となり、AppDynamics で表示することができます。 ビジネストランザクションはすぐに使える構成となっており、自動的に検出され、アプリケーションダッシュボードで確認することができます。
Apache CXF Performance Monitoring

CXF ビジネストランザクションの例

ここでは、AppDynamics 内での Web サービスに基づくビジネストランザクションのスナップショット例を示しています。AppDynamics は、ドリルダウンの詳細をキャプチャして、ユーザーが web サービスコールをマークしているコンポーネントの奥深くまで調査できるようにします。 このケースでは、ユーザーはアプリケーションの 'RequestServer' コンポーネントをドリルダウンしています。

詳細な CXF コールグラフ

上の例に続き、'RequestServer' へドリルダウンすると、ユーザーがアプリケーションコードの中で実際のコールや各コールのタイミングを調べるコールグラフを含む、CXF web サービスコールに関するさまざまな詳細情報が表示されます。

CXF 指標の集約

AppDynamics は、平均応答時間、毎分のコール件数、毎分のエラー件数などの指標として、CXF との通信の情報をキャプチャします。 また、こうした指標は、他のタイプのトランザクションと共に、ノード、層、アプリケーションのレベルで集約され、該当する場合は、それぞれのレベルでの CXF の全体的なパフォーマンスのステータスをユーザーに提示します。

Free Monitoring