Java アプリケーション・パフォーマンス・モニタリング

AppDynamicsのソリューションであれば、コードのボトルネックの根本原因をわずか数秒で発見し、Java環境を最適化することができます。

複雑なJavaウェブ・アプリケーションには、イライラさせる盲点、不思議な繰返しのプログラムなどが含まれていることがよくあります。AppDynamicsのプラットフォームは、Weblogic、WebSphere、JBoss、Tomcat、Glassfishなどを含む業界をリードするJavaアプリケーション・サーバーの内部で、アプリケーションがどのように実行されているかに関するリアルタイムの可視性を提供できます。

JVMアプリケーションの依存関係を自動的に可視化し、マッピングを行います。

AppDynamicsのプラットフォームは、インタラクションを行うすべての層、サービス、ユーザーのJavaアプリケーションに対して自動的に検出、マッピングを行い、必要な時に即座にドリルダウンして、完全なコードレベルの診断を行うことができます。

JVMの正常性やパフォーマンスを監視

以下を含めて、キーとなるJavaのチューニングやメトリックスのプロファイリングによりJVMの正常性を理解:応答時間、スループット、例外率、ガベージコレクション時間、コードのデッドロック、その他。また、こうした情報を、CPU、メモリ、ディスクI/Oなどのホスト正常性指標と関係付けることもできます – すべてを同一のUIにて。

分散ビジネス・トランザクションの追跡

AppDynamicsのJavaアプリケーション・モニタリングは、自動的にタグ付け、トレースを行い、JVM全体で分散トランザクションの正常な動作を学習することで、分散トランザクションの実行状況や、どこにボトルネックが存在するかなどについてシンプルで直観的なビューを提供します。

AppDynamicsのプラットフォームは、以下を含めて、すべての一般的なJavaフレームワークをサポートしています:サポートされている環境の完全なリストを見るには、ここをクリックしてください。

簡単に展開できました。文字通り、数分で。弊社の最初の概念実証において、1時間以内で結果を得ることができました。

— Eric Poon氏、Nasdaq社、運用分析ディレクター

ケーススタディを読む