Server Monitoring Software

インフラストラクチャ

サーバーモニタリングでは、ウェブサーバーやアプリケーションサーバーのパフォーマンスを監視するためのさまざまなツールやアプローチを幅広く採用しています。最も基本的な部分で、サーバーモニタリングは、ディスクの I/O、スループット、CPU 使用率、メモリの使用量などのマシンやインフラのレベルでの指標を収集することを意味します。こうした指標は、運用チームがインフラストラクチャの動向を調べるのを助けますが、アプリケーションコードに起因する問題を発見、特定、処理する場合には不足します。AppDynamics プラットフォームは、アプリケーションパフォーマンス管理ソリューションのトラブルシューティング機能に加えて、サーバー監視ツールのすべての指標を提供します。
サーバーモニタリングツールは、アプリケーションの自動ディスカバリーを行うことはできません AppDynamics は、アプリケーションのトポロジーを自動的に検出、測定、マッピングし、異なるアプリケーション層の間にレイテンシーが存在することを示します。
ビジネストランザクションのコンテキストを欠いたサーバーモニタリングツール サーバーモニタリングに対してアプリケーションモニタリングが有利である別の点は、ビジネストランザクションを理解できる能力です。ビジネストランザクションのコンテキストでは、どのトランザクションに影響を与えるかに基づいて、パフォーマンスのどのボトルネックを優先するかを決める方がはるかに簡単です。
エージェントレスのサーバー監視では、コールスタックのトレースを行うことはできません サーバーモニタリングソフトウェアの最大の限界の一つは、パフォーマンスのボトルネックについてコードレベルの洞察力を提供できないことです。AppDynamics は、アプリケーションコンテナ内に存在するため、パフォーマンスのボトルネック周辺のクラスやメソッドのレベルの詳細を提供し、これまでにないほど簡単に問題を特定、修正することができます。
サーバーモニタリングツールは、基本的なアラートしきい値を使用する

多くのサーバーモニタリングツールにはアラート機能がありますが、その有効性はアラートはトリガーされるしきい値と同程度です。静的なアラートを設定する場合、通常、高すぎるか、低すぎるかのいずれかに設定されています。これは、結局不正確であるため最終的に不要となる、少なすぎる、あるいは多すぎるアラートを発生させます。AppDynamics を使用する場合、本当に問題があるときにだけアラートを受けるように、通常の動作からの偏差を計算するアルゴリズムに基づいて、アプリケーション、ビジネストランザクション、インフラ指標にアラートを設定できます。

Free Monitoring