MongoDBモニタリング

データベース

MongoDBは、テーブルに基づくRDBMS構造ではなく、JSONスタイルのドキュメントおよびダイナミックスキーマ(別名BSON)を利用した、ドキュメント指向のNoSQLデータベースです。MongoDBのコードはオープンソースですが、その親会社であるMongoDB Inc.は、サブスクリプションベースのエンタープライズ版を提供しています。これには、コンサルティング、トレーニング、管理サービスも含まれています。MongoDBは、総合的で、柔軟な機能セットを備え、リッチなドキュメントベースのクエリをサポートしています。また、フルインデックスのサポート、LANおよびWANにわたるミラーリングによる高可用性のアクセス、レプリケーション機能なども備えています。さらに、自動シャーディングにより、開発者は機能性を損なうことなく、水平展開が可能です。柔軟な集約化のためのマップ/リデュースや、データ処理、データストックを混乱させることなくさまざまなサイズのデータを保存可能なGridFSなども大きな特徴です。Craigslist、SourceForge、Viacom、SAP(同社のPaaS)などを含む多数の組織がMongoDBをバックエンドのストレージフレームワークとして利用しています。またCERN (European Council for Nuclear Research) もMongoDBを同社のLarge Hadron Colliderデータ集約システムの一次バックエンドとして利用しています。

The AppDynamics Database Monitoring product module for MongoDB is a comprehensive 24x7 deep-dive tool used to monitor version 2.4 and higher of MongoDB databases.
MongoDBパフォーマンスへの高い可視性 MongoDBサーバーでのクエリへのリアルタイムな可視性により、貴社のパフォーマンスの問題の根本原因を速やかに特定し、コストのかかるパフォーマンスの問題を解決できます。
すべてのノードを自動検出 MongoDBクラスタですべての断片やレプリカセットを自動検出し、手動構成にかかる時間を短縮してください。
過去のMongoDBパフォーマンスの傾向 時間の経過に伴うMongoDBのパフォーマンスの傾向を分析し、これに基づいてアラートを発信し、この情報を利用して、プロアクティブにパフォーマンスを調整し、リソースの効率を向上させ、エンドユーザーエクスペリエンスを最適化することができます。
総合的なパフォーマンスレポート 時系列の比較や上位SQLレポートの履歴レポートなどの重要な情報を可視化し、MongoDBサーバーに関するデータ主導の意思決定を可能にします。
MongoDBオブジェクトの表示 最新のMongoDB構成のパラメータ、プロパティを表示するSQL実行プランの設定値を含む、データベースオブジェクトの構成に関連する情報など、MongoDBオブジェクトに関する完全な可視性やSQLの実行プランの相関性に関する全体像を把握してください。

Free Monitoring