C/C++ アプリケーション・パフォーマンス・モニタリング

BETA

AppDynamicsは、迅速な根本原因分析や、ユーザーからデータベースに対するエンドツーエンドの解決に役立つリアルタイムなパフォーマンスの可視性を提供し、C/C++アプリケーションの実運用環境でのモニタリングを可能にします。

ソースコードを変更することなく、C/C++ アプリケーションをモニタリング、マッピングすることができます。

C/C++ アプリケーションと情報をやりとりするすべての層の自動検出およびマッピングを行い、アプリケーションパフォーマンスの完全な把握を実現します。

動作原理

AppDynamics は C/C++ アプリケーション用に 2つの導入オプションを用意しています:

C/C++ Dynamic Agent

C/C++ Dynamic Agent は、コードの修正や再コンパイルを必要とせずに、実行時にアプリケーションを測定できます。C/C++ Dynamic Agent は、以下のような状況で利用できます:

  • 実行時の構成を使用する、業界をリードするモニタリングソリューションが必要な場合。
  • アプリケーションのソースコードにアクセスできない場合。
  • コードを再コンパイルしたくない場合。

C/C++ Agent SDK

C/C++ Agent SDK は、モニタリング機能を直接アプリケーションコードに追加できる柔軟性をもたらします。C/C++ Agent SDK は、以下のような状況で利用できます:

  • 業界標準のコンパイルおよび展開のモニタリングソリューションを使用したい場合。
  • アプリケーションのソースコードにアクセスできる場合。
  • C/C++ Agent SDK を含むようにソースを変更して、再コンパイルしたい場合。

C/C++ アプリケーションのパフォーマンス、正常性、例外のリアルタイムモニタリング

アプリケーションの負荷、応答時間などの重要な指標、ならびに CPU、メモリ、ディスク I/O などの重要なシステムリソースの監視および管理によって、C/C++ アプリケーションの正常性を理解します。

簡単に展開できました。文字通り、数分で。弊社の最初の概念実証において、1時間以内で結果を得ることができました。

— Eric Poon氏、Nasdaq社、運用分析ディレクター

ケーススタディを読む