リーダーシップ

AppDynamics は、 アプリケーション・パフォーマンス管理、システム管理、分散システムについて豊富な経験を持つイノベーターのシニアチームによってリードされています。CA Wily、Adobe、HP Mercury、BMC、Oracle、Sun、McAfee などのそうそうたる企業の流れを汲んでいるこのチームが、数千社に導入されているエンタープライズ級の本格的なソリューションを作り出しています。

David Wadhwani は AppDynamics の社長兼最高経営責任者 (CEO) です。今日のビジネスのデジタル転換を促進させるという企業のビジョンを推し進めるために、同社を統率し拡大を図っています。

彼は、Adobe 社のデジタルメディア事業部でシニア・バイスプレジデントおよびゼネラルマネジャーを務めていました。10 年に渡り Adobe 社のクリエイティブ製品全般を統括し、同社の事業および製品のクラウドへの移行を担当していました。彼の指揮の下、同社は個人および企業をターゲットとした数十億ドル規模のサブスクリプション事業を急速に成長させました。そして、2005 年にバイス・プレジデントを務め開発者向け製品を担当していた Macromedia 社から Adobe 社に移りました。Macromedia 社以前、彼は Oracle 社でビジネス・インテリジェンス製品を担当、またコンテンツ管理分野の企業を設立しました。彼はサンフランシスコ美術博物館の評議委員、そしてブラウン大学のコンピューターサイエンス学部の顧問委員会のメンバーを務めており、最近ではストーリー・コーの取締役会員に加わりました。ブラウン大学のコンピューターサイエンスの学士号を保有しています。

AppDynamics の創設者であり取締役会の会長、そして最高戦略責任者である Jyoti は、シリコンバレーをリードする一人であり、プロダクトのビジョンを描く起業家です。彼は、2008 年に AppDynamics を設立 しました。そのビジョンは、「アプリケーション・インテリジェンス」であり、ソフトウェア定義によるビジネスを管理する破壊的なアプローチによって、最新の企業のデジタル変革への旅立ちを支援することでした。Jyoti が創設者および CEO を務めた 2008 年から 2015 年にかけ、AppDynamics は、瞬く間に、850 人の従業員と 1,600 社の企業顧客を有する最も成長が早いソフトウェア企業の 1 社になりました。2015 年秋には、日々の業務を新しい CEO である Wadhwani に引き継ぎ、それからは Wadhwani が企業のビジョン、戦略、イノベーションを牽引しています。

Jyoti はリーダーシップに関する多くの賞を受賞しました。2013 年には、Forbes 誌の「Best Cloud Computing CEO to Work For」にも選ばれています。2014 年には、San Francisco Business Times 誌の Annual Tech & Innovation 賞の「Best CEO」や北部カリフォルニアの EY Entrepreneur Of The Year™ 賞 2014 および 2015 も受賞しています。Jyoti は従業員からの 97% もの支持のもと、Glassdoor で常に最高の CEO の一人として名を連ねてきました。

2008 年に AppDynamics を設立する前は、 Wily Technolog (CAT Technologies により買収)、Datasweep (Rockwell Automation により買収)、netLens (Microsoft に買収され、後に FAST/NextPage により買収) などのシリコンバレーのさまざまなスタートアップ企業でエンジニアリングを担当していました。Jyoti は、デリーにあるインド工科大学で、コンピューターサイエンスの理学士を修得しており、20 件の米国特許/特許申請の中心的発明者でもあります。

Dali Rajic は AppDynamics の最高販売責任者で、同社のセールスおよびオペレーションを世界規模で担当しています。

20年近い法人営業の経験を持つ Dali は、堅実な営業組織を構築するという、当時継続的に拡大されていた役割を担い、複数の企業で成功を収めてきました。この仕事を担当する以前の彼は、Global 2000を目標とする、首尾一貫したGo-to-market戦略を作成しながら、北米を統括するAppDynamicsの最高幹部の地位に就いていました。営業拡大の一環として、Dali は垂直的市場で企業の拠点を拡大し、さらに営業利益も改善させるパイロットプログラムを主導しました。また、幹部の育成を重視した企業の営業担当幹部育成プログラムを共同で作成しました。

2012年、企業の顧客満足、部門間連携ならびに BMC Software、Verint、EMC、さらには Standard Register といった企業の売上の目標を一貫してクリアするという確かな実績を持って、Dali は AppDynamics の一員となりました。

Dali は、ノースウェスタン大学では財務および戦略管理の経営学修士号を、カリフォルニア州立工科大学ポモナ校では国際マーケティングの理学士号を取得しています。

David Wadhwani

社長兼最高経営責任者 (CEO)

David Wadhwani は AppDynamics の社長兼最高経営責任者 (CEO) です。今日のビジネスのデジタル転換を促進させるという企業のビジョンを推し進めるために、同社を統率し拡大を図っています。

彼は、Adobe 社のデジタルメディア事業部でシニア・バイスプレジデントおよびゼネラルマネジャーを務めていました。10 年に渡り Adobe 社のクリエイティブ製品全般を統括し、同社の事業および製品のクラウドへの移行を担当していました。彼の指揮の下、同社は個人および企業をターゲットとした数十億ドル規模のサブスクリプション事業を急速に成長させました。そして、2005 年にバイス・プレジデントを務め開発者向け製品を担当していた Macromedia 社から Adobe 社に移りました。Macromedia 社以前、彼は Oracle 社でビジネス・インテリジェンス製品を担当、またコンテンツ管理分野の企業を設立しました。彼はサンフランシスコ美術博物館の評議委員、そしてブラウン大学のコンピューターサイエンス学部の顧問委員会のメンバーを務めており、最近ではストーリー・コーの取締役会員に加わりました。ブラウン大学のコンピューターサイエンスの学士号を保有しています。

Jyoti Bansal

創立者、取締役会会長および最高戦略責任者

AppDynamics の創設者であり取締役会の会長、そして最高戦略責任者である Jyoti は、シリコンバレーをリードする一人であり、プロダクトのビジョンを描く起業家です。彼は、2008 年に AppDynamics を設立 しました。そのビジョンは、「アプリケーション・インテリジェンス」であり、ソフトウェア定義によるビジネスを管理する破壊的なアプローチによって、最新の企業のデジタル変革への旅立ちを支援することでした。Jyoti が創設者および CEO を務めた 2008 年から 2015 年にかけ、AppDynamics は、瞬く間に、850 人の従業員と 1,600 社の企業顧客を有する最も成長が早いソフトウェア企業の 1 社になりました。2015 年秋には、日々の業務を新しい CEO である Wadhwani に引き継ぎ、それからは Wadhwani が企業のビジョン、戦略、イノベーションを牽引しています。

Jyoti はリーダーシップに関する多くの賞を受賞しました。2013 年には、Forbes 誌の「Best Cloud Computing CEO to Work For」にも選ばれています。2014 年には、San Francisco Business Times 誌の Annual Tech & Innovation 賞の「Best CEO」や北部カリフォルニアの EY Entrepreneur Of The Year™ 賞 2014 および 2015 も受賞しています。Jyoti は従業員からの 97% もの支持のもと、Glassdoor で常に最高の CEO の一人として名を連ねてきました。

2008 年に AppDynamics を設立する前は、 Wily Technolog (CAT Technologies により買収)、Datasweep (Rockwell Automation により買収)、netLens (Microsoft に買収され、後に FAST/NextPage により買収) などのシリコンバレーのさまざまなスタートアップ企業でエンジニアリングを担当していました。Jyoti は、デリーにあるインド工科大学で、コンピューターサイエンスの理学士を修得しており、20 件の米国特許/特許申請の中心的発明者でもあります。

Dali Rajic

最高販売責任者

Dali Rajic は AppDynamics の最高販売責任者で、同社のセールスおよびオペレーションを世界規模で担当しています。

20年近い法人営業の経験を持つ Dali は、堅実な営業組織を構築するという、当時継続的に拡大されていた役割を担い、複数の企業で成功を収めてきました。この仕事を担当する以前の彼は、Global 2000を目標とする、首尾一貫したGo-to-market戦略を作成しながら、北米を統括するAppDynamicsの最高幹部の地位に就いていました。営業拡大の一環として、Dali は垂直的市場で企業の拠点を拡大し、さらに営業利益も改善させるパイロットプログラムを主導しました。また、幹部の育成を重視した企業の営業担当幹部育成プログラムを共同で作成しました。

2012年、企業の顧客満足、部門間連携ならびに BMC Software、Verint、EMC、さらには Standard Register といった企業の売上の目標を一貫してクリアするという確かな実績を持って、Dali は AppDynamics の一員となりました。

Dali は、ノースウェスタン大学では財務および戦略管理の経営学修士号を、カリフォルニア州立工科大学ポモナ校では国際マーケティングの理学士号を取得しています。

最高財務責任者である
Gottfried は、2015 年 2 月に最高財務責任者 (CFO) として AppDynamics 入社し、会社の財務および会計、事業開発、人事、および法務の活動を行っています。Randy は、高成長企業の構築、急速に拡大する活動の管理、未公開企業の成功した公開を推進してきた実証済みの実績を持つ経験豊富なテクノロジー役員です。ごく最近まで、Randy は Riverbed Technology の CFO 兼 COO であり、2004 年から 2013 年まで働きました。Riverbed の前、Randy は Inktomi や Sybase でさまざまな上級財務の役割を果たしました。

Bhaskar Sunkara は AppDynamics の最高技術責任者および製品部部長です。

彼は同社の顧客を中心に構想された製品戦略を担当しており、製品管理、運営、エンジニアとしての職務をグローバルに展開しています。

2008年、Jyoti Bansal とともに AppDynamics を共同設立した Bhaskar は複数の特許を取得しています。

彼のリーダーシップのもと、同社はビジネストランザクションにおけるビジネスパフォーマンスへの革新的なアプローチを開拓し、業界を牽引するソリューションを実現しました。現在では1,800を超える企業が AppDynamics を導入してデジタル転換を加速させています。

Bhaskar はキャリアを通して製品戦略および実行戦略に身を捧げてきました。CIO に信頼される製品を開発し、世界でも有数の大企業の要望に応えるために製品を構築してきたのです。AppDynamics に入社する前、彼は Wily Technology で主任技術者として同社の最も重要な製品を担当していました。Bhaskar は Pramati Technologies でキャリアをスタートさせ、 様々なエンジニアリング業務においてリーダーシップを数多く発揮してきました。

Bhaskarは、インドのマドラス大学で、コンピュータサイエンスと工学の理学士号を取得しています。

Danny は弊社のシニアバイスプレジデントであり、顧客および戦略事業を担当しています。 2016 年 3 月にAppDynamics に入社しました。 彼は顧客管理、カスタマーサポート、専門サービス、SaaS 運用といったエンドツーエンドなカスタマーエクスペリエンスだけでなく、事業や経営企画も担当して企業の成長に尽力を尽くしています。

AppDynamics に入社する前、Danny は Adobe 社でバイスプレジデントおよびゼネラルマネジャーを務めていました。同社の主要クリエイティブクラウド事業では製品開発およびエンドツーエンドな顧客エクスペリエンスを担当し、大企業顧客をはじめ世界規模で顧客に対応していました。

Danny はまた、Adobe 社では素晴らしいカスタマーエクスペリエンスを提供するために、何百万もの開発者が使用するツールやテクノロジーなどを開発するデジタル出版事業やウェブ、インタラクティブ開発事業も統括していました。

Danny は Openwave Systems、Software.com、USA.NET など上場/非上場問わず多くの成長企業でシニア役職を経験しました。彼はブラウン大学で歴史学の学士号を取得しました。

Randy Gottfried

最高財務責任者

最高財務責任者である
Gottfried は、2015 年 2 月に最高財務責任者 (CFO) として AppDynamics 入社し、会社の財務および会計、事業開発、人事、および法務の活動を行っています。Randy は、高成長企業の構築、急速に拡大する活動の管理、未公開企業の成功した公開を推進してきた実証済みの実績を持つ経験豊富なテクノロジー役員です。ごく最近まで、Randy は Riverbed Technology の CFO 兼 COO であり、2004 年から 2013 年まで働きました。Riverbed の前、Randy は Inktomi や Sybase でさまざまな上級財務の役割を果たしました。

Bhaskar Sunkara

最高技術責任者および生産部部長

Bhaskar Sunkara は AppDynamics の最高技術責任者および製品部部長です。

彼は同社の顧客を中心に構想された製品戦略を担当しており、製品管理、運営、エンジニアとしての職務をグローバルに展開しています。

2008年、Jyoti Bansal とともに AppDynamics を共同設立した Bhaskar は複数の特許を取得しています。

彼のリーダーシップのもと、同社はビジネストランザクションにおけるビジネスパフォーマンスへの革新的なアプローチを開拓し、業界を牽引するソリューションを実現しました。現在では1,800を超える企業が AppDynamics を導入してデジタル転換を加速させています。

Bhaskar はキャリアを通して製品戦略および実行戦略に身を捧げてきました。CIO に信頼される製品を開発し、世界でも有数の大企業の要望に応えるために製品を構築してきたのです。AppDynamics に入社する前、彼は Wily Technology で主任技術者として同社の最も重要な製品を担当していました。Bhaskar は Pramati Technologies でキャリアをスタートさせ、 様々なエンジニアリング業務においてリーダーシップを数多く発揮してきました。

Bhaskarは、インドのマドラス大学で、コンピュータサイエンスと工学の理学士号を取得しています。

Danny Winokur

シニアバイスプレジデント、顧客および戦略事業

Danny は弊社のシニアバイスプレジデントであり、顧客および戦略事業を担当しています。 2016 年 3 月にAppDynamics に入社しました。 彼は顧客管理、カスタマーサポート、専門サービス、SaaS 運用といったエンドツーエンドなカスタマーエクスペリエンスだけでなく、事業や経営企画も担当して企業の成長に尽力を尽くしています。

AppDynamics に入社する前、Danny は Adobe 社でバイスプレジデントおよびゼネラルマネジャーを務めていました。同社の主要クリエイティブクラウド事業では製品開発およびエンドツーエンドな顧客エクスペリエンスを担当し、大企業顧客をはじめ世界規模で顧客に対応していました。

Danny はまた、Adobe 社では素晴らしいカスタマーエクスペリエンスを提供するために、何百万もの開発者が使用するツールやテクノロジーなどを開発するデジタル出版事業やウェブ、インタラクティブ開発事業も統括していました。

Danny は Openwave Systems、Software.com、USA.NET など上場/非上場問わず多くの成長企業でシニア役職を経験しました。彼はブラウン大学で歴史学の学士号を取得しました。

Kendall Collins は AppDynamics のチーフマーケティング責任者で、同社のブランド認知を世界規模で広めています。また、製品のマーケティング、市場でのリーダーシップ、需要創出、顧客対応を担当しています。

Kendall はこの 12 年間、幅広い事業や製品機能を担当する Salesforce.com 社の幹部を務めていました。彼は Salesforce 社ではバイスプレジデント兼 CEO を務め、同社の主要クラウド事業のモバイルポートフォリオおよび Lightning を担当していました。さらに、ユーザーエクスペリエンス、サーチ、データサイエンスを担当するグローバルチームを指揮していました。以前、彼は Chatter およびコミュニティを Salesforce の主要 5 事業の 1 つに育てた共同事業ユニットの GM を務めていました。Kendall は Salesforce でグローバル・チーフマーケティング責任者を務めた 3 年間で、同社をエンタープライズ向け市場でトップ 8 に入るまでにグローバルに拡大させただけでなく、オンラインファネルやクリエイティブ機能を改善させました。Salesforce 以前 Kendall は Siebel Systems、Oracle、AT Kearney、Procter & Gamble に勤めていました。

Kendall は、人工知能を顧客エンゲージメントに適応させる取り組みを行う様々なスタートアップ企業の取締役員および顧問を務めています。教育、そして誰に対しても門戸が開かれている質の高い公立学校の設立に熱心に取り組んでいます。Kendall は数年間、サンフランシスコ教育基金 (彼が David Wadhwani と初めて出会った場所) の取締役員を務めたことがあり、Larkin Street Youth 事業、ボーイズ・アンド・ガールズ・クラブ・オブ・サンフランシスコでも取締役員を務めています。彼はバージニア大学で、商業学の学位を素晴らしい成績で取得しました。

Susan Lovegren は AppDynamics の最高人事責任者で、社員に同社のビジョン、戦略、プログラムを周知させるリーダーです。

公共テクノロジー企業において25年を超える幹部職の経験を持つ Lovegren は、職員が成果を挙げられる労働環境の整備に確かな実績を持っていました。AppDynamics 入社前に彼女は Juniper Networks に勤めていましたが、同社では人事部ならびに Juniper Foundation の上席副社長を務めていました。Lovegren は Juniper Networks では、同社の1万人近い社員を対象とした、会社全体でイノベーションの考えの浸透を目指した戦略的方向性の決定に携わりました。

Lovegren はそのキャリアに渡って Anita Borg Institute、Grace Hopper Women in Computing ならびに Watermark との連携を通してテクノロジー界における女性のための運動を行ってきました。彼女はしばしば発言者として現在労働者から求められることを取り上げ、また Watermark の人事部幹部間の C-Suite CHRO Network を主導しています。また、女性が職場へ進出するための環境を促進する役割を担う非営利組織である Catalyst の顧問会議にも名を連ねています。

Lovegren は現在も、Plantronics、Juniper Networks ならびに Agilent Technologies の人事部で幹部を務めています。彼女は Hewlett-Packard でキャリアを開始し、同社で16年間にわたって様々な人事業務を担当し、規模拡大に耐えうる社員システムならびにプログラムの構築法を習得しました。

Lovegren はゴールデンゲート大学で人事管理の修士号を、サンノゼ州立大学ではラジオおよびテレビ放送の学士号を取得しました。以前、彼女はサンタクルーズ郡のセカンドハーベストの取締役会員を務めていました。最近では様々な教育、社会事業のサポートを行っています。

Dan 氏は AppDynamics のシニア・バイスプレジデント、顧問弁護士、コーポレート・セクレタリーを務めています。彼は 2013 年 4 月に AppDynamics に加わり、コーポレートガバナンス、倫理及びコンプライアンス、戦略的取引、商業協定、訴訟、規制事項、知的財産、雇用法、株式管理など企業の法的機能をすべて担当し監督しています。

AppDynamics 以前は、Goodwin Procter LLP にて外部弁護士として実務経験を積みました。彼は Goodwin Procter に在職中、様々なテクノロジー企業を担当する企業弁護士として活躍していました。

ボストン大学のロースクールにて法務博士号を取得し、ペパーダイン大学では国際ビジネスの学位を優秀な成績で取得しました。彼はカリフォルニア州弁護士の一員です。

Kendall Collins

最高マーケティング責任者

Kendall Collins は AppDynamics のチーフマーケティング責任者で、同社のブランド認知を世界規模で広めています。また、製品のマーケティング、市場でのリーダーシップ、需要創出、顧客対応を担当しています。

Kendall はこの 12 年間、幅広い事業や製品機能を担当する Salesforce.com 社の幹部を務めていました。彼は Salesforce 社ではバイスプレジデント兼 CEO を務め、同社の主要クラウド事業のモバイルポートフォリオおよび Lightning を担当していました。さらに、ユーザーエクスペリエンス、サーチ、データサイエンスを担当するグローバルチームを指揮していました。以前、彼は Chatter およびコミュニティを Salesforce の主要 5 事業の 1 つに育てた共同事業ユニットの GM を務めていました。Kendall は Salesforce でグローバル・チーフマーケティング責任者を務めた 3 年間で、同社をエンタープライズ向け市場でトップ 8 に入るまでにグローバルに拡大させただけでなく、オンラインファネルやクリエイティブ機能を改善させました。Salesforce 以前 Kendall は Siebel Systems、Oracle、AT Kearney、Procter & Gamble に勤めていました。

Kendall は、人工知能を顧客エンゲージメントに適応させる取り組みを行う様々なスタートアップ企業の取締役員および顧問を務めています。教育、そして誰に対しても門戸が開かれている質の高い公立学校の設立に熱心に取り組んでいます。Kendall は数年間、サンフランシスコ教育基金 (彼が David Wadhwani と初めて出会った場所) の取締役員を務めたことがあり、Larkin Street Youth 事業、ボーイズ・アンド・ガールズ・クラブ・オブ・サンフランシスコでも取締役員を務めています。彼はバージニア大学で、商業学の学位を素晴らしい成績で取得しました。

Susan Lovegren

最高人事責任者

Susan Lovegren は AppDynamics の最高人事責任者で、社員に同社のビジョン、戦略、プログラムを周知させるリーダーです。

公共テクノロジー企業において25年を超える幹部職の経験を持つ Lovegren は、職員が成果を挙げられる労働環境の整備に確かな実績を持っていました。AppDynamics 入社前に彼女は Juniper Networks に勤めていましたが、同社では人事部ならびに Juniper Foundation の上席副社長を務めていました。Lovegren は Juniper Networks では、同社の1万人近い社員を対象とした、会社全体でイノベーションの考えの浸透を目指した戦略的方向性の決定に携わりました。

Lovegren はそのキャリアに渡って Anita Borg Institute、Grace Hopper Women in Computing ならびに Watermark との連携を通してテクノロジー界における女性のための運動を行ってきました。彼女はしばしば発言者として現在労働者から求められることを取り上げ、また Watermark の人事部幹部間の C-Suite CHRO Network を主導しています。また、女性が職場へ進出するための環境を促進する役割を担う非営利組織である Catalyst の顧問会議にも名を連ねています。

Lovegren は現在も、Plantronics、Juniper Networks ならびに Agilent Technologies の人事部で幹部を務めています。彼女は Hewlett-Packard でキャリアを開始し、同社で16年間にわたって様々な人事業務を担当し、規模拡大に耐えうる社員システムならびにプログラムの構築法を習得しました。

Lovegren はゴールデンゲート大学で人事管理の修士号を、サンノゼ州立大学ではラジオおよびテレビ放送の学士号を取得しました。以前、彼女はサンタクルーズ郡のセカンドハーベストの取締役会員を務めていました。最近では様々な教育、社会事業のサポートを行っています。

Dan Wright

シニア・バイスプレジデント、顧問弁護士、コーポレートセクレタリー

Dan 氏は AppDynamics のシニア・バイスプレジデント、顧問弁護士、コーポレート・セクレタリーを務めています。彼は 2013 年 4 月に AppDynamics に加わり、コーポレートガバナンス、倫理及びコンプライアンス、戦略的取引、商業協定、訴訟、規制事項、知的財産、雇用法、株式管理など企業の法的機能をすべて担当し監督しています。

AppDynamics 以前は、Goodwin Procter LLP にて外部弁護士として実務経験を積みました。彼は Goodwin Procter に在職中、様々なテクノロジー企業を担当する企業弁護士として活躍していました。

ボストン大学のロースクールにて法務博士号を取得し、ペパーダイン大学では国際ビジネスの学位を優秀な成績で取得しました。彼はカリフォルニア州弁護士の一員です。

取締役会

Jyoti Bansal

AppDynamics

創立者、取締役会会長および最高戦略責任者

Jyoti Bansal は、AppDynamics の創立者であり、取締役会の会長、そして最高戦略責任者です。Jyoti は、シリコンバレーをリードする一人であり、プロダクトのビジョンを描く、イノベーターです。彼は、2008 年に AppDynamics を設立しました。そのビジョンは、「アプリケーション・インテリジェンス」であり、ソフトウェア定義によるビジネスを管理する破壊的なアプローチによって、最新の企業のデジタル変革への旅立ちを支援することでした。

David Wadhwani

AppDynamics

社長兼最高経営責任者 (CEO)

David Wadhwani は AppDynamics の社長兼最高経営責任者 (CEO) です。今日のビジネスのデジタル転換を促進させるという企業のビジョンを推し進めるために、同社を統率し拡大を図っています。AppDynamics 以前は、Adobe 社のデジタルメディア事業部でシニア・バイスプレジデントおよびゼネラルマネジャーを務めていました。10 年に渡り Adobe 社のクリエイティブ製品全般を統括し、同社の事業および製品のクラウドへの移行を担当していました。彼の指揮の下、同社は個人および企業をターゲットとした数十億ドル規模のサブスクリプション事業を急速に成長させました。そして、2005 年にバイス・プレジデントを務め開発者向け製品を担当していた Macromedia 社から Adobe 社に移りました。彼はサンフランシスコ美術博物館の評議委員、そしてブラウン大学のコンピューターサイエンス学部の顧問委員会のメンバーを務めており、最近ではストーリー・コーの取締役会員に加わりました。ブラウン大学のコンピューターサイエンスの学士号を保有しています。

Asheem Chandna

Greylock Partners

創立投資家兼取締役

Asheem Chandna、Greylock Partners 創立投資家兼取締役Asheem は、会社設立以来、AppDynamics 取締役会のメンバーであり、2003 年以降は Greylock Partners のパートナーです。Greylock Partners は、1965 年に創立され、20 億ドルを超える指定資本を管理している民間のベンチャーキャピタル会社です。Asheem の担当エリアは、エンタープライズ IT インフラ、ソフトウェア、サービスにわたります。彼は、クラウド・コンピューティング、データ・センター、仮想化、ネットワーク、管理、セキュリティの会社に投資しています。Greylock の前は、Asheem は Check Point Software で事業開発および製品管理担当の副社長を務め、この期間に、同社の年間収益は 1,000 万ドルから 5 億ドルへと増大しました。Asheem は TiE Silicon Valley の創立委員であり、ウォール・ストリート・ジャーナル紙の Global Technology Innovation 賞の審査委員の一人でもあります。彼は、ケース・ウェスタン・リザーブ大学から電気およびコンピュータ・エンジニアリングの理学士および修士号を受けています。 

Ravi Mhatre

Lightspeed Venture Partners

創立投資家兼取締役

Raviは、設立以来、AppDynamicsの取締役会のメンバーであり、20億ドルを超える資本を運用している一流のグローバル・ベンチャー・キャピタルであるLightspeed Venture Partnersの常務兼設立者でもあります。 Raviは、主にソフトウェアインフラ、アプリケーション、インターネット投資にフォーカスしています。 ベンチャーキャピタル業界に入る前、RaviはSilicon Graphicsでプロダクトマネージャーを務め、Lehman Brothersのテクノロジー投資バンキンググループやBooz Allen Hamiltonの管理コンサルティングでも働いています。 Raviは、シリコンバレーのThe Indus Entrepreneurs Group (TiE) の取締役も務め、Forbes誌のAnnual VC Midasリストでトップ100ディール・メーカーに選ばれたこともあります。また、権威あるErnst & YoungのEntrepreneur of the Yearコンペの審査員も務めたことがあります。 Raviは、スタンフォード大学から電気工学理学士、経済学士およびMBAを授与されています。

Dev Ittycheria

社外取締役

Devは、AppDynamicsの取締役会のメンバーです。 Devは、MongoDBの社長兼CEOでもあります。 以前、DevはBMC Softwareのエンタープライズ・サービス・マネジメント事業の社長を務め、12億ドルの収益と4,000人以上の従業員に対して責任がありました。 BMCでの在職期間中、同社は収益成長率と株式パフォーマンスにおいて、すべての関連する競合会社を上回りました。 以前、共同創設者、社長兼CEOとして、Devと彼のチームは、CAGRで年率100%の成長を遂げ、2007年にはBladeLogicのIPOを成功させ、2008年には約9億ドルでBladeLogicをBMCに売却しています。これは、その年のテクノロジー企業の売却で最高でした。 それ以前は、DevはApplicaの共同設立者兼CEOとしてクラウドコンピューティング/SaaSの市場を開拓し、後にこの会社はBreakaway Solutionsに買収されて、クラウド/SaaS企業で最初の上場企業となりました。 彼は、BladeLogicでのリーダーシップによって、2004年にErnst & Youngのアントレプレナー・オブ・ザ・イヤーとして認められました。 Devは、ラトガース大学で電気工学学士を取得し、2010年にはエンジニアリング学部のAlumnus of the Yearに選ばれています。

Chuck Robel

社外取締役

Chuck Robelは、McAfeeの前経営委員会議長であり、現在は公開テクノロジー企業であるInformatica、Palo Alto Networks、Jive Software、Model Nの経営会議のメンバーです。Robelは、現在、独立系最大のデータ統合会社であるInformaticaのリード・ディレクターであり、Jive Software(IPO、2011年)、Palo Alto Networks(IPO、2012年)、Model N(IPO、2013年)の経営委員会メンバーも務めています。 さらに、未公開のGo Daddyグループの経営会議メンバーでもあります。 Robelは、2000年6月から2005年12月まで、ベンチャーキャピタルファンドのHummer Winblad Venture Partnersで、管理メンバー兼最高経営執行者を務めていました。 RobelはPricewaterhouseCoopers LLPで彼のキャリアを始め、2000年6月に引退しています。シリコン・バレーで過ごした期間、ソフトウェアおよびテクノロジー企業の買収・合併グループをリードしました。 また、2006年6月から2011年3月まで、McAfeeがIntel Corporationに売却されるまで、McAfeeの経営委員会議長も務めていました。 さらに、DemandTecがIBMに売却されるまで、2006年9月から2012年2月まで、DemandTec, Inc.の経営委員会のメンバーでした。 Robelは、アリゾナ州立大学から、会計学士を受けています。

David Scott

社外取締役
David はAppDynamicsの独立役員で、IT インフラストラクチャ業界において30年以上の経験があります。David は2015年3月まで世界的な HP のストレージビジネスにおける直近のシニア副社長兼ゼネラルマネジャーでした。以前は、サービスプロバイダーの IT モデル向けに設計されたユーティリティ・ストレージのマーケットを生み出し定義するデータストレージ会社である3PAR 社で社長兼 CEO を勤めていました。David は2001年から10年間にわたり、3PARがベンチャー・プライベート企業から2007年にニューヨーク証券取引所へ上場し、2010年に HP に買収されるまでの間、3PAR の CEO を務めました。David は3PAR へ入社してから18年後、HP において英国、米国の両方でデータストレージ、コンピューティング、ネットワーキングを経験し、最終的にはマーケティングや一般管理などで様々な重役ポジションに就きました。彼は2015年の5月から現在に至るまで Castelleja School の評議員会を務めており、2013年までは3年間 Bowman International Montessori School の評議員会を努めました。David は英国のブリストル大学にてコンピューターサイエンスおよび数学の名誉学士号を取得し、1983年に表彰されました。さらに2014年には彼の出身校から、工学博士のhonoris causaを受賞しました。

Robert Swan

General Atlantic

投資家兼取締役

Bob Swan 氏は 2015 年に GA に加わり、同社のリソースグループでオペレーティング・パートナーを勤めています。戦略的な合併や買収を通して GA のポートフォリオ企業が成長できるように戦略的な助言を与え、財務機能を発達させるという同社の取り組みを主導しています。また Bob 氏は GA のインターネット & テクノロジー部のチームと密接に協力して業務を行っています。

Swan 氏は以前、eBay, Inc. でシニア・バイスプレジデント、財務部では最高財務責任者を務め、同社の財務機能の全ての側面を統括していました。eBay に入社する前は、Swan 氏は Electronic Data Systems Corp.、TRW, Inc.、Webvan Group, Inc で最高財務責任者を勤めていました。現在彼は、eBay, Inc. および Applied Materials, Inc. の取締役員を務めています。彼はバッファロー大学で経営管理の学位を、ビンガムトン大学で MBA を取得しました。

Steve Harrick

教会のベンチャー・パートナー

投資家兼経営委員会オブザーバー

Steve Harrickは、2001年10月にInstitutional Venture Partners (IVP) に入社し、15年以上、ベンチャーキャピタルにおいて実務経験があります。 彼は、比類のない成長可能性を示す後期技術会社への投資にフォーカスしています。 具体的には、Steveは、それぞれの市場のリーダーになる可能性があるインターネット、通信、テクノロジー対応サービス会社をターゲットとしています。 彼は、献身的な起業家と緊密に協力し、リスペクトされる、革新的なビジネスの創造を支援することを楽しんでいます。 Steveは、2009年、2012年、2013年のForbes Midas Listを含めて、Forbes誌によってトップ100のベンチャーキャピタリストとして認められています。 また、AlwaysOn 2009 VC 100リストに選ばれたことも含めて、AlwaysOnのトップ100ベンチャーキャピタリストにも選ばれています。 Steveは、Aerohive Networks、AppDynamics、Aster Data (TDC)、Business.com、 (DEXO)、CafePress (PRSS)、ConnectAndSell、eHealth (EHTH)、Eucalyptus Systems、LegalZoom、MarkMonitor (TRI)、MySQL (ORCL)、Personal Capital、RGB Networks、Spiceworks、Teros (CTXS)、Tripwire (Thoma Bravo)、VaroliiでIVPの投資をリードしました。 Steveは、エール大学から歴史学士、ハーバード・ビジネス・スクールからM.B.A.を受けています。

Matt Murphy

Kleiner Perkins Caufield & Byers

投資家兼経営委員会オブザーバー

Matt Murphyは、Kleiner Perkins Caufield & Byersのパートナーです。 彼は、1999年に同ファームに入り、Appleとの協同イニシアティブであり、iOSプラットフォームおよびモバイル・インターネットでのアプリケーションへの資金提供および定義確立にフォーカスしている、iFundを管理しています。 Mattは、モバイルソリューションや、インフラテクノロジーの専門性を備えています。 以前、MattはGoogle(初期投資からIPO)で経営委員会オブザーバーを務め、KPCBのAutoNavi(Nasdaq: AMAP、2010)への投資をリードしていました。 また、彼は、Pelago(Grouponが2011年に買収)、Ocarina Networks(Dellが2010年に買収)、Dash Navigation(RIMが2009年に買収)、Peakstream(Googleが2008年に買収)の取締役も務めています。 KPCBに入る前、MattはNetboost(Intelが買収)、Booz Allen Hamilton、Accentureで重要なポジションを務めていました。 Mattは、タフツ大学から電気工学の学位、スタンフォード大学ビジネススクールからM.B.A.を受けています。

Neeraj Agrawal

Battery Ventures

投資家兼経営委員会オブザーバー

Neerajは、2000年にBatteryに入り、エンタープライズソフトウェア/SaaS、テクノロジー対応サービス、インターネット企業に投資しています。 Batteryの前は、Real Networksでプロダクトマネージャとして働き、SkyTVでは執行役員、Booz-Allenではマネジメントコンサルタントも務めました。 Neerajは、コーネル大学からエンジニアリングの学位を受け、ハーバード・ビジネススクールで名誉MBAも受けています。 彼は、TiEの設立委員であり、多数の地元の起業家に積極的にアドバイスを送り、世界中でトップ100のベンチャーキャピタリストをランクするForbes Midas Listにも何度も選ばれています。

Brett B. Rochkind

General Atlantic

投資家兼経営委員会オブザーバー

Brett Rochkind 氏は General Atlantic のパロアルトオフィスを統括しており、また同社のインターネット & テクノロジー部門の共同代表者です。彼はソフトウェア、インターネット、情報、サービス分野において Airbnb、米国の Box および Uber、Decolar、ブラジルおよびラテンアメリカの Linx および MercadoLibre といった GA の多くのグローバルなポートフォリオ企業と密接に働いています。Brett 氏はシリコンバレーにやってくる前は、GA の香港オフィスで中国やアジア太平洋におけるビジネス機会に力を入れていました。

General Atlantic に入社する以前、Brett 氏は、ニューヨークおよびメンローパークにある Morgan Stanley & Co. の合併買収部門で投資銀行家を務め、テル・アビブに拠点を置く Morgan Stanley のイスラエルオフィスの開設に携わっていました。Brett 氏はニューヨーク大学のスターン・スクールを大学奨学生として優秀な成績で卒業し、コロンビア大学の経営大学院で MBA を取得しました。