OpenShift Monitoring

クラウド

The AppDynamics OpenShift JBoss Cartridge Extensionは、重要なクラウドベースのアプリケーションの監視や管理、クラウドへの移行の前後でのアプリケーションパフォーマンスの維持を実現し、自動スケーリングによるクラウドの弾性を最大限に活用できます。

OpenShiftはPaaS (Platform-as-a-Service) 製品です。Rubyプログラミング言語で作成されるOpenShiftは、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 上でRed Hatの構築や基盤となるインフラストラクチャの管理によって動作し、Java、JavaScript、Ruby、Python、PHP、Perl、.NET、Haskellなどの大半のスクリプト言語、ならびにMySQL、PostgreSQL、SQL Server、MongoDBなどのデータベースフレームワークをサポートしています。また、Rack for Ruby、WSGI for Python、Node.js、PSGI for Perl (work unmodified)、Laravel、Code Igniter、CakePHP、Ruby on Rails、Django、Perl Dancer、Flask、Sinatra、Tornado、web2py、Vert.x、その他幅広い種類のウェブアプリケーションフレームワークでも動作します。OpenShiftは必要なウェブ統合APIをサポートすることで、これらのフレームワークの基盤を支えているため、実際にフレームワークのコードを修正する必要はありません。

アプリケーションの自動発見

OpenShiftアプリケーションの全体的なトポロジーを自動的に検出し、設定ではなく変革にチームが時間を費やせるようになります。

主要なパフォーマンス指標の表示

アプリケーションの負荷、平均、応答時間、エラー率、そしてこういった値の動的なベースラインを監視することで、OpenShiftアプリケーションの全体の正常性をリアルタイムで把握し、何が正常で、何が異常かを判断できます。

分散コールグラフ

分散OpenShiftアプリケーションを移動するユーザーリクエストを追跡し、エンドツーエンドでのコードの実行やレイテンシーデータを収集して、速やかに根本原因を特定するためのコンテキストを提供します。

リアルタイムのビジネス指標

アプリケーションのパフォーマンス指標をビジネスに最も関係する指標と関係付け、パフォーマンスがベースラインから逸脱してしまった際のリアルタイムな情報を得ます。

クラウドオートスケーリング

パフォーマンス指標に基くクラウドリソースを、動的にスケールアップ、スケールダウンするツールにより、クラウド環境に関する正確なキャパシティプランニングを可能にします。

Free Monitoring