Allconnect

AppDynamics は、Allconnect が正常に中断することなくアーキテクチャを移行するのに役立ちます

主要なユーティリティやホームサービスプロバイダとの関係を通じて、Allconnect は、通信バンドル、テレビ、インターネット、電話、ホームセキュリティなど接続された家庭向けのサービスにおいて、数百万人の消費者の時間と費用の節約をサポートしています。同社は、顧客が家庭サービスを移設あるいは確立する際にもっとも高い価値が得られるように比較や注文を行うための便利な単一のソースを提供しています。1998 年に設立された Allconnect は、ジョージア州アトランタに本社を置き、テキサス州ヒューストン、ケンタッキー州レキシントン、ユタ州セントジョージにもオフィスがあります。

課題: アーキテクチャの移行を確実に成功させるためのアプリケーションのパフォーマンス監視

Dedicated to helping customers find the best home services and easily order those services, Allconnect strives to provide a consistent, top-notch user experience. So when the company decided to shift from a flat client to a dynamic client architecture, which required scaling from a handful of servers to upwards of 40 servicing the different functions of the application, it had to be sure that the transition was seamless to customers.

「それは、気が重い仕事でした」と、Allconnect の生産サポートマネージャである Roy Early 氏は言いました。「パフォーマンスが分かる場所、問題があることが分かる場所、ボトルネックがあった場所を探しましたが、アプリケーションスタック全体にはあまりに部分やピースが多くて、こうしたことは本当に大変な仕事でした。」

しかしすぐに、最初に配置を行ったまさにシステムのテストフェーズの最中に元が取れました。

AppDynamics は、アプリケーションのパフォーマンスに対する洞察の提供で選ばれました。

Allconnect のチームは、この可視性を実現するために三つの異なるアプリケーションパフォーマンス管理 (APM) 製品を評価し、実運用で展開するソリューションとして AppDynamics を推奨しました。

「AppDynamics を導入したことで、さまざまなJavaマシンにエージェントを配置し、リクエストがどこから来てどこへ行くかのフローマッピングを取得することが非常にシームレスになりました」と、Early 氏は言いました。 「あらゆる Java エラーをキャッチでき、トランザクションのスナップショットともに表示できるようになり、トランザクションの分析や同様のことが可能になりました。さらに、システム全体での応答時間の把握が可能になり、毎分当たりのコール件数やエラー件数も把握できるようになりました。当社のすべてのサービスの本当に素晴らしいダッシュボードとフローマッピングを提供してくれます。」

実際に、AppDynamics APM ソリューションは、直ちにその価値を証明しました。Early 氏は、「AppDynamics を当社の試験環境に導入した瞬間から、我々は接続の流れ、コール回数を確認することができるようになり、実運用で大きな問題を引き起こしていた Java のメモリリークを分析できるようになりました」と回想します。さらに彼は、「テスト段階でこうした情報を取得できるようになったことは、当社にとって巨大なメリットでした。大半のメモリエラーやメモリリークは JVM のダウンや再起動を引き起こしますが、それは最も悲惨な事態です。しかし、そのダウンタイムを回避できるようになったのです」と付け加えました。

Allconnect では、AppDynamics APM の支援によって数週間におよぶダウンや複数のシステムクラッシュなどという問題を回避できたため、Early 氏は感銘を受けました。「すぐに元が取れました。しかもそれは、初めてシステムに配置したとき、テストフェーズの最中にです」と、氏は述べています。

AppDynamics が、開発、テスト、実運用時に非常に貴重であることを証明

テスト環境に加えて、Allconnect はプロアクティブにパフォーマンスを管理するため、実運用に AppDynamics APM を導入しました。「実際に、我々はいくつかのデータベースの保守とアーカイブをいつ行う必要があるかを評価するために指標を使用しました」と、Early 氏は語っています。「AppDynamics が時間経過データを管理し、我々にベースライン指標を与えてくれるため、いつ応答時間が長くなり始めるかが分かり、その後、どこからボトルネックが発生するのかを評価することができます。」

Allconnect は、開発者にもダッシュボードへのアクセスを許可し、データを活用してコードを強化させました。「これまでなかった洞察をもたらし、非常にユニークかつクールですし、アプリケーションより堅牢にしてくれると思います」と、Early 氏は話します。

AppDynamics APM は、Allconnect の IT 基盤に不可欠な部分となりました。「ソフトウェアスタックに対して、そしてすべてのさまざまなコールフローの行く先に関する優れた洞察をもたらしてくれるため、AppDynamics APM なしでのトラブルシューティングはもう考えられません」と、Early 氏は述べています。さらに、「今までアクセスできなかったファンクションやメソッドのレベルさえ評価することができるのです」と、強調しました。

Early 氏は、サービス指向アーキテクチャのモニタリングを行うすべての人に AppDynamics APM ソリューションを推奨しています。「本当に、非常に貴重です」と、Early 氏は締めくくりました。

AppDynamics が導入されて、さまざまな Java マシンにエージェントを配置し、リクエストの出所や向かう先に関するフローマッピングも非常にシームレスになりました。