Apache ウェブサーバーのモニタリング

AppDynamics APM ソリューションで AppDynamics Apache ウェブサーバーモニタリングソリューションのリリースを発表することができ、大変嬉しく思っております。今では Apache ウェブサーバーをリアルタイムで監視し、コールスタックにドリルダウンを行い、分散された環境にわたって横たわるトランザクションに関連付けて、パフォーマンスのボトルネックを診断します。しかも、実行中の実運用、または開発環境で行うことが可能です。

Apache ウェブサーバーで、エンドツーエンドのビジネストランザクションにおけるパフォーマンスを自動検出、およびモニター

  • Apache ウェブサーバーでアプリケーショントポロジーを自動的に検出し、実運用でのアプリケーションの動作に基づいて重要なビジネストランザクションを追跡

  • アプリケーションとインフラストラクチャのノードの正常性だけではない、エンドツーエンドのビジネストランザクションのパフォーマンスの視覚化と優先順位付け

自動化されたベースラインとアラートにより、間違ったアラームが発生することはありません。

  • Apache サーバーの 3つの KPI である、負荷、平均応答時間、エラーを自動でキャプチャします。

  • KPI 用の通常のベースライン値を計算することで、外れ値が即座に検出され、間違ったアラームを排除します。

深い診断を行い、アプリケーションのパフォーマンス問題をトラブルシューティングして解決します。 

  • パフォーマンス問題に備えて、ビジネストランザクションのスナップショットをコードレベルで詳細な診断とともに収集します。

  • アプリケーション・サポートチームが、潜在的に頻発する問題をハイライトしたスナップショットで迅速に問題のある箇所を特定します。

Apache のモジュール、さらにモジュールに接続しているアプリケーション・コンポーネントにまでドリルダウン 

  • たとえば、このスクリーンショットでは Mod_Proxy のような Apache のモジュールの詳細を使用して、問題解決を促進することができます。

  • 終了コールに従って下流アプリケーション・コンポーネントから Apache モジュールに至るまでドリルダウンを行います。

リアルタイムでエラーや例外を検出し、アプリケーションのダウンタイムを最小にします。 

  • Apache ウェブサーバーから投げられるエラーや例外をリアルタイムで検出します。

  • 予約実行の自動化により、ポリシーに基づいたアクションでエラーを修正し、予防的に例外に対処します。

Apache ウェブサーバーのパフォーマンスと基盤となるサーバー・インフラストラクチャを関係付けます。

  • ウェブサーバーのパフォーマンスを通してサーバーのリソース (CPU、メモリ、ネットワーク I/O など)  消費量を把握します。

  • Apache サーバーの拡張を利用して Apache サーバーのメトリクスをキャプチャおよび記録して、 別のサーバーのメトリクスと関係付けます。

上記   の主要機能に加え、AppDynamics プラットフォームでは、その他すべての機能をご利用いただけます: 自己学習プラットフォーム、パフォーマンスの自動化されたベースライニング、インテリジェント・アラーティングおよび正常性ルール、使いやすさ、など!AppDynamics アプリケーション・パフォーマンス管理で詳細をご確認ください

簡単に展開できました。文字通り、数分で。弊社の最初の概念実証において、1時間以内で結果を得ることができました。

— Eric Poon氏、Nasdaq社、運用分析ディレクター

ケーススタディを読む