それほど秘密でもないソース

出来過ぎた話ですって?よくそう言われます。

AppDynamicsの秘密はこれです。もうAPM 1.0ツールが要求していたすべて手動の作業を行う必要はありません。AppDynamicsは一味違うのです。それらの作業はお引き受けします。

出来過ぎた話ですって?よくそう言われます。まず試してみてご自分で確かめてみてください。

ビジネストランザクション監視

AppDynamicsは、分散されたウェブアプリケーションにおけるすべての活動を1つの「ビジネストランザクション」に整理します。これは監視およびトラブルシューティングの主な単位として使用され、従来のサーバー主体の管理に比べはるかに優れた洞察を得ることができます。これによって、トランザクションリクエストが複数のサーバーで実行される今日の高度に分散化したアプリケーションにおいて、AppDynamicsは他に類を見ない最適なソリューションとなります。

Business Transaction Monitoring

ビデオを視聴する。

自己学習する測定機能

AppDynamicsは、アプリケーションの計測に当たり、トランザクション、コードの実行挙動、正常なパフォーマンスパターンを学習する独特の機能を有しています。アプリケーションを変更したときには、自動的に測定を適合、調整するので、手作業で設定を変更する必要はありません。

動的なマッピングと検出

AppDynamicsの特許出願中技術であるDynamic Flow Mapping™テクノロジーは、ウェブアプリケーションアーキテクチャにおいて、24時間365日、連続的にすべてのビジネストランザクション、サービスおよびバックエンド処理を検出、マッピング、追跡します。

Real-time Analytics & Performance Database

リアルタイム分析およびパフォーマンスデータベース

当社の強力なリアルタイム分析およびパフォーマンスデータベースは、リアルタイムで運用におけるアプリケーションのパフォーマンス追跡を可能にします。

自動復旧

AppDynamicsは、アプリケーションにおける正常なパフォーマンスパターンを学習するため、お客さまのアプリケーションサービスに対して動的にクラウドのスケールを調整することが簡単にできます。ピーク負荷時のサービスを確保するため、必要に応じてクラウド能力のプロビジョニングを行います。

AppDynamicsのアーキテクチャ

AppDynamics Agent

AppDynamics Agentは、実行時に、JVMおよびCLRのアプリケーションバイトコードに測定機能を自動的に注入します。

当社の特許出願中のDynamic Flow Mapping™ テクノロジーでは、アプリケーションプロトコルに相関コンテキスト(correlation context)を注入することにより、すべてのユーザーリクエストを監視し、JVM/CLR内および複数の分散サービスにわたり、その実行を追跡することができます。

当社の特許出願中のDeep-on-Demand Diagnostics™テクノロジーによって、ビジネストランザクションごとのコード実行挙動を学習し、自動的に問題を検出して深い診断データを収集し、トラブルシューティングを行うことができます。

AppDynamics Controller

AppDynamics Controllerは、すべてのパフォーマンスデータが保存され、ベースライン基準を設定し、分析が行われる中心的な保管・分析エンジンです。 Controllerは、特に大規模な運用環境のために設計されたもので、数十万台のアプリケーションサーバーを管理できるスケールに対応します。

AppDynamics Controllerは、オンプレミスにインストールすることも、当社のSaaSモデルでアクセスすることもできます。

AppDynamics Console

AppDynamics Consoleは、「ガラス面1面」のウェブベースユーザーインターフェースであり、数クリックだけで全ウェブアプリケーション環境を管理できます。